「ふれあいスポーツフェスタ2018 in福岡大学」開催のお知らせ

 
福岡大学は「Active 福岡大学」というキャッチフレーズの下、教育・研究はもとより、ボランティア活動や地域活動などを積極的に行っています。
そして、今年も「ふれあいスポーツフェスタ2018 in 福岡大学」を開催致します。今回は、昨年に引き続きソーシャルフットボールの「第11回九州・四国スカンビオカップ」に加え、「デフ&アンプティーサッカー体験会」が行われます。福岡大学の学生も会場設営や、各チームへの帯同、審判など運営に携わり、サッカーを通したふれあいで共生社会への理解を深めます。
この機会にぜひ様々なスポーツをご覧ください。たくさんの方々のご来場をお待ちしております。

 
 【日時】12月9日(日)9:30~15:00
 【場所】福岡大学サッカー場(七隈キャンパス内)
 【内容】「第11回九州・四国スカンビオカップ」
     「デフ&アンプティーサッカー体験・交流会」
     *体験会は、大会関係者や来場者の方を対象としますが、人数・時間等の関係により
      制限させて頂く場合がございますのでご了承ください。

 
*ソーシャルフットボールとは…
 ソーシャルフットボールとは、精神障がいのある人が行うフットサルです。基本ルールは健常者と
 同じで、フットサルでは女子選手を含む場合に最大6人がコートでプレーするなど、一部特別ルール
 を採用しています。
*デフサッカーとは…
 聴覚障がいのある人が行うサッカーです。サッカーとフットサルがあり、審判は笛だけではなく
 フラッグも使用するなど、視覚情報を頼りにプレーします。
*アンプティーサッカーとは…
 足や腕に切断障がいのある人が行う7人制サッカーです。日常生活で使用する義足・義手を外して
 ロフトストランドクラッチで体を支えながらプレーします。

                    - 一般社団法人日本障がい者サッカー連盟より -

一覧に戻る