トップ選手を輩出国内外で活躍するアスリートへ成長する学生たち

トップアスリートとして活躍する卒業生たち

福岡大学スポーツ科学部では、日本代表選手やプロ選手として国内外で活躍している卒業生を多数輩出。トップアスリートとして活躍している卒業生の中から2名ご紹介します。

指導者と日本代表選手の2つの夢を実現

指導者になる夢を叶えるために、教員免許が取得でき、優れた環境で競技が続けられる福岡大学への入学を決める。
卒業後は、三重県にある体操クラブにて指導者として育成に取り組みながら、自身も現役アスリートとして競技を続ける。日本代表に選ばれ、世界選手権にも出場。

体操競技

安里 圭亮さん Asato Keisuke

相好体操クラブ所属

2016年 スポーツ科学科卒業

沖縄県 興南高等学校出身

  • 第47回 体操世界選手権モントリオール大会(跳馬6位)
  • 第42回 コトブス国際(跳馬優勝)
  • 第50回 全日本シニア・マスターズ選手権大会(跳馬優勝)

日本代表チームの主将として世界へ挑む

学校の先生になる夢を叶えるのに適した環境であることと、高校3年生で花園に出場したラグビーを、よりレベルの高い環境で続けたかったことから福岡大学への入学を決める。
在学中は、他競技の朝練習に参加するなど、目標達成のために必要な事を考えて実行できる環境をいかして、有意義な大学生活を送る。
2016年には念願のオリンピックへ日本代表の主将として出場し、ニュージーランドやフランスなどの強豪を破り、4位という結果を得ている。

ラグビー競技

桑水流 裕策さん Kuwazuru Yusaku

コカ・コーラレッドスパークス所属

2008年 スポーツ科学科卒業

鹿児島県 鹿児島工業高等学校出身

  • 大学2年時 7人制ラグビー日本代表選出
  • 2012年 15人制ラグビー日本代表選出(キャップ3)
  • リオデジャネイロオリンピック 7人制ラグビー日本代表選出(主将)

トップアスリートを目指す学生たち

研究や選手育成で優れた実績をもつ指導者たちのもとで、医学・科学的な理論に基づく実践「文武合一」を通じて成長している学生たちの中から5名ご紹介します。

恵まれた環境・専門的な学問で日本の頂点に

中学・高校で、全国大会入賞に届かなかった悔しさから、元日本記録保持者の片峯教授に師事するため福岡大学スポーツ科学部に入学。恵まれた競技環境と尊敬する指導者のもと、2019年の日本陸上競技選手権大会で見事優勝を果たす。スポーツ科学部で、どのように体を動かせばより良い跳躍ができるのか、科学的な視点で自分の跳躍を考えることで記録が伸び、跳ぶ楽しさも増したという。
支えてくれる人たちへの感謝の気持ちを忘れずに、勉学と競技に励んでいる。

陸上競技部

神田 菜摘さん Kanda Natsumi

スポーツ科学科(2017年入学)

広島県 呉市立呉高等学校出身

  • 第103回日本陸上競技選手権大会 女子走高跳 優勝
  • 天皇賜杯第88回日本学生陸上競技対校選手権大会 女子走高跳 準優勝

大学での学びを飛躍につなげて日本から世界へ

高校の時に達成できなかった日本一という目標を実現するために、レベルが高く素晴らしい指導者、練習環境の整った福岡大学への進学を決めた。入学してからは怪我もあり苦しんだ時期もあったが、周囲の支えもあり大学2年生で初めて全国大会で優勝した。大学では、心理学や解剖生理学など新しい知識を得ることができ自分を見直すきっかけになったという。
今後は、オリンピック出場という大きな目標を掲げ、日々の練習に励んでいる。

陸上競技部

上田 百寧さん Ueda Momone

健康運動科学科(2018年入学)

福岡県 中村学園女子高等学校出身

  • 2019日本学生陸上競技個人選手権 女子やり投げ 優勝
  • 天皇賜杯第88回日本学生陸上競技対校選手権大会 女子やり投げ 準優勝

質の高い指導と教育でもっと強くなれる

なぎなたについて深く学びたいという思いから福岡大学に入学した坂本さん。福岡大学では、施設だけでなく指導者や仲間にも恵まれていると語っている。なぎなたの新しい知識を積極的に学び、チームの練習にも意見を伝え、常に高い目標をもって練習に励んでいる。スポーツ心理学を学んだことから、自分自身のメンタル面に興味をもち、試合時には心の調子を整える工夫をしているという。
私たちが成績を残すことで、より多くの人になぎなたを知ってもらいたいと語る坂本さんの今後の活躍に期待したい。

なぎなた部

坂本 優さん Sakamoto Yuu

健康運動科学科(2017年入学)

熊本県 熊本西高等学校出身

  • 第71回 国民体育大会 優勝
  • 第57回 全日本学生なぎなた選手権大会(演技競技) 3位

切磋琢磨し合える仲間と最高のチームを目指す

福岡大学女子バレーボール部に所属する林田さん。日々の厳しい練習も、仲間と激励し合いながら乗り越えることで、チームワークを高めていっている。2019年の全日本インカレでは、福大らしい粘り強いバレーで準優勝に貢献。この時、チーム全員の笑顔が、声が、想いが一つになるということを肌で感じたという。
切磋琢磨できる仲間と、バレーに打ち込めることへの感謝を忘れずに、日本一のチームとなるために毎日の練習に励んでいる。

女子バレーボール部

林田 愛佳さん Hayashida Aika

スポーツ科学科(2018年入学)

山口県 誠英高等学校出身

  • 第45回西日本バレーボール大学女子選手権大会 第3位
  • 第66回秩父宮妃賜杯全日本バレーボール女子選手権大会 準優勝

親子2世代の日本代表選出、福大で父を超える

ハンドボールに対する飽くなき探究心と父親を越えたいという強い想いで進化し続けている末岡さん。24時間ほとんどハンドボールのことを考えていると語っている。大学の授業で学ぶ他種目の実技からもハンドボールの動きに繋がるヒントを得ているという。
また、末岡さんのお父さんは福岡大学出身のハンドボール日本代表選手。その父親を越えたいという想いが、末岡さんの成長を促している。
現在は、実業団での活躍、オリンピックを視野に入れ日々の練習に励んでいる。

ハンドボール部

末岡 拓美さん Sueoka Takumi

スポーツ科学科(2017年入学)

長崎県 瓊浦高等学校出身

  • ハンドボール日本代表選手
  • 第7回 男子ユース(U-19)世界選手権 ベスト8
  • 第16回 男子ジュニアアジアハンドボール選手権 準優勝