トップ選手を輩出国内外で活躍するアスリートへ成長する学生たち

トップアスリートとして活躍する卒業生たち

福岡大学スポーツ科学部では、日本代表選手やプロ選手として国内外で活躍している卒業生を多数輩出。トップアスリートとして活躍している卒業生の中から2名ご紹介します。

指導者と日本代表選手の2つの夢を実現

指導者になる夢を叶えるために、教員免許が取得でき、優れた環境で競技が続けられる福岡大学への入学を決める。
卒業後は、三重県にある体操クラブにて指導者として育成に取り組みながら、自身も現役アスリートとして競技を続ける。日本代表に選ばれ、世界選手権にも出場。

体操競技

安里 圭亮さん Asato Keisuke

相好体操クラブ所属

2016年 スポーツ科学科卒業

沖縄県 興南高等学校出身

  • 第47回 体操世界選手権モントリオール大会(跳馬6位)
  • 第42回 コトブス国際(跳馬優勝)
  • 第50回 全日本シニア・マスターズ選手権大会(跳馬優勝)

日本代表チームの主将として世界へ挑む

学校の先生になる夢を叶えるのに適した環境であることと、高校3年生で花園に出場したラグビーを、よりレベルの高い環境で続けたかったことから福岡大学への入学を決める。
在学中は、他競技の朝練習に参加するなど、目標達成のために必要な事を考えて実行できる環境をいかして、有意義な大学生活を送る。
2016年には念願のオリンピックへ日本代表の主将として出場し、ニュージーランドやフランスなどの強豪を破り、4位という結果を得ている。

ラグビー競技

桑水流 裕策さん Kuwazuru Yusaku

コカ・コーラレッドスパークス所属

2008年 スポーツ科学科卒業

鹿児島県 鹿児島工業高等学校出身

  • 大学2年時 7人制ラグビー日本代表選出
  • 2012年 15人制ラグビー日本代表選出(キャップ3)
  • リオデジャネイロオリンピック 7人制ラグビー日本代表選出(主将)

トップアスリートを目指す学生たち

研究や選手育成で優れた実績をもつ指導者たちのもとで、医学・科学的な理論に基づく実践「文武合一」を通じて成長している学生たちの中から5名ご紹介します。

砲丸投げのすばらしさを伝えられる選手を目指す!

中学生の時に、誘われたという理由から砲丸投げを始める。次第に砲丸投げの魅力にひかれ、どんどんのめり込んでいき、大学では本格的に競技を続けていくことを決意する。
男子砲丸投げ元日本記録保持者である野口先生に指導してもらいたいと考え、福岡大学へ入学する。大学では、日本トップレベルの施設や指導の下、全日本インカレでの優勝やU20日本最高記録樹立を果たす。今後の彼の目標は世界で活躍できる選手になり、砲丸投げをもっと多くの人に知ってもらうことで、陸上競技に恩返しをしていくことである。

陸上競技部

アツオビン ジェイソンさんAtuobin Jyeison

スポーツ科学科(2021年入学)

大阪府 大阪桐蔭高校出身

  • U20 日本選手権優勝
  • 日本インカレ優勝
  • U20日本最高記録樹立 砲丸投げ7.26kg

福岡大学で新たな歴史を刻む

高校では、U19ソフトボール日本代表として世界大会に出場。さらに高いレベルに身を置き、自分を成長させたいという思いから本学への進学を決意した。
福岡大学では、高い意識を持って練習に取り組む選手や、様々な競技でのスペシャリストである指導者たちが在籍しており、主体性を持ちスキルアップするための環境が整っていると語る。
また、他競技のトップアスリートとの出会いや交流を通じて切磋琢磨できるのも特長だと感じているという。
今年は、昨年の全日本インカレ準優勝を超える優勝を目標に厳しい練習にチーム全員で取り組んでいる

ソフトボール部

日髙 慶明さんHidaka Yosiaki

スポーツ科学科(2019年入学)

長崎県 長崎県立佐世保西高等学校

2019年度
  • 2019年度 第51回 西日本大学男子ソフトボール選手権大会 準優勝
  • 文部科学大臣杯 第54回全日本大学男子ソフトボール選手権大会 第3位
2020年度
  • 2020年度 全国大学選抜男子ソフトボール選手権大会 準優勝
2021年度
  • 2021年度 第53回西日本大学男子ソフトボール選手権大会 準優勝
  • 文部科学大臣杯第56回全日本大学男子ソフトボール選手権大会 準優勝

切磋琢磨できる仲間と共に悲願の全国優勝を目指す

小学5年生の時、弟の影響で柔道を始め、より高みを目指し、福岡大学への進学を決意する。
本学柔道部での指導方針である自主性によって育まれた、自ら考え行動する力が、試合において、状況に合わせた試合運びが展開できると語っている。
昨年の全日本インカレでは、一人一人が状況を把握し、チーム一丸となって戦えたことが、準優勝という結果につながったという。互いに高め合い、切磋琢磨する仲間ができたことで、柔道に対する意識も変化してきた。
恵まれた環境でプレーできることに感謝を忘れずに、団体・個人での全国優勝を目指す。

柔道部

米﨑 美波さんKomesaki Minami

スポーツ科学科(2019年入学)

福岡県 沖学園高校出身

  • 全日本学生柔道優勝大会 準優勝

常に新しい自分へと成長し続ける

元日本記録保持者の信岡先生のもとで競技力の向上、競技者として最高のパフォーマンスを引き出すためにあらゆる視点から学びたいと思い、福岡大学への進学を決意。
現在は各々が課題をクリアするために練習を「全力」で取り組んでいる。また、最先端の技術を用いてフォームの分析を行い、過去の自分を常に更新できるよう励んでいるという。
2021年度には全日本インカレの女子4継で日本学生記録を樹立した。去年より今年、昨日より今日と常に過去の自分を更新し続ける木戸さんをはじめ、陸上競技部の更なる活躍に期待したい。

陸上競技部

城戸 優来さんKido Yuki

スポーツ健康科学科(2020年入学)

福岡県 新宮高等学校出身

2020年度
  • 天皇賜盃第89回日本学生陸上競技対校選手権 優勝
  • 第104回日本陸上競技選手権大会・リレー競技 第2位
2021年度
  • 天皇賜盃第90回日本学生陸上競技対校選手権 優勝(44.51)学生記録更新

文武両道でU-21記録と学生記録の更新を目指す

高校1年生から親の勧めで水上スキー始め、練習を積み重ねて、高校3年生でU-17の日本記録を更新するまでに成長。更なるスキルアップを目指し、福岡大学に入学した。水上スキーは、大学生から始める人が多いため、入学時の実力は皆ほぼ同じで、互いに切磋琢磨しながら練習に取り組めるという。スポーツ科学部では、自分のプレイを様々な面から理論的に考察するきっかけがたくさんあると語っている。
U-21記録と学生記録の更新を目標としている鈴木さんの今後の活躍に期待したい。

モータボート・水上スキー部

鈴木 太智さん Suzuki Taichi

健康運動科学科(2020年度入学)

静岡県 浜松西高等学校出身

2020年度
  • 第65回 全日本学生水上スキー選手権大会 男子スラローム競技 優勝
  • 第65回 全日本学生水上スキー選手権大会 男子総合 3位
2021年度
  • 第66回 全日本学生水上スキー選手権大会 男子 団体総合 第2位
  • 全日本学生水上スキー選手権大会新人戦 男子 団体総合 第2位