2023年学部祭を開催しました

第52回学部祭が12月9日(土)に開催されました。当日はスポーツ科学部の1年生から4年生までおよそ400名以上の学生が参加する盛大な催しとなりました。

はじめの開会式では、学部長の檜垣靖樹先生と健信会会長の水原博而様よりご挨拶を頂戴しました。
檜垣先生からは、学部創設時から続く伝統行事である学部祭への参加を通じて、学生同士の連帯感がより一層深まることへの期待を込めたお言葉をいただきました。 水原様からは、学生の活躍とともに飛躍的な成長を歩んできた本学部の歴史が紹介され、現役学生の今後益々の活躍を祈念するお言葉を頂戴しました。

その後、学部祭実行委員長の学生に本行事の企画・運営に対する意気込みを語ってもらい、午前の部の内容へと移りました。

午前の部では、本学部の卒業生2名の方による講演会が行われました。講演会ではご自身のキャリアステップや競技者としての在学中の取り組みや考え方など幅広くお話いただき、現役学生にとって非常に参考となる内容に溢れていました。

「オリンピック選考で学んだこと~立ち振る舞いと失敗しないコツ~」 
米倉英信氏(2020年卒・徳洲会体操クラブ)
「目標」 
丸小野仁之氏(1994年卒・佐賀県立佐賀工業高等学校)

午後の部では、学部祭実行委員の企画・運営によるスポーツイベントが実施されました。冒頭では新体操部によるオープニングアクトが披露され、その後はゼミや部活動、学年対抗戦といった形式で綱引きやリレーなどが行われました。

参加した学生からは、普段の授業や課外活動だけでは顔を合わせる機会のない人とも交流できたとの声もあり、学生にとって有意義な時間となっていたように見受けられました。 今後も様々な学部行事を通じて、学生同士の親睦が深まれば幸いです。

一覧に戻る