スポーツ科学部の卒業生の皆さんへ

ご卒業おめでとうございます。
ご家族や関係者の皆さまにも、心からお祝い申し上げます。
今年の卒業式は、新型コロナウィルス感染の拡大防止のために中止となりました。皆さん一人ひとりに学位記を授与し、人生の新たな舞台へと送り出す式典が開催できなかったことを、スポーツ科学部の教職員一同とても残念に思っています。


本来であれば学位授与式の中で卒業される291名(スポーツ科学部216名、健康運動科学科75名)の皆さんに、「GRIT」という言葉を贈ろうと考えていました。「GRIT」とは「やり抜く力」と言われています。ペンシルバニア大学のアンジェラ・リー・ダックワース教授が、社会的に成功を収める最も重要な要素として提唱しています。「GRIT」は、次の4つの言葉の頭文字をとったものです。


 Guts (度胸):困難なことに立ち向かう
 Resilience (復元力):失敗しても諦めずに続ける
 Initiative (自発性):自分で目標を見据える
 Tenacity (執念):最後までやり遂げる


そして、この「GRIT」(やり抜く力)は、自ら定めた目標に向かって粘り強く取り組む「情熱」と、困難や挫折に負けずに努力を続ける「粘り強さ」に支えられています。


福岡大学のスポーツ科学部で皆さんが学んできたことは、まさに「GRIT」(やり抜く力)だったのではないでしょうか。
これから社会に出る皆さんは、今回のようなウイルスによる災禍など予測が困難な時代の中で、さまざまな苦境に直面することもあるでしょう。そのようなときに、皆さんが身につけた「GRIT」(やり抜く力)を発揮することで、問題を解決し、大きく成長できると信じています。
それぞれの夢に向かって大きく羽ばたき、活躍されることを期待しております。


令和2年3月19日
スポーツ科学部長 米沢 利広

一覧に戻る